お正月にお雑煮を食べる由来や地域での味の違いを調べてみました!

   

スポンサードリンク

 

お正月といえば、お雑煮を作って食べるのが習慣ですよね。

 

このお雑煮、いつから食べられているんでしょう?どうして食べるようになったんでしょう?

 

また、地域によってお雑煮の具や味付けが違うというのも興味深いですね。

 

今日は、お雑煮がお正月に食べられるようになった由来と、地域別の違いを調べてみました!

 

 

読み終わったら、もっともっとお雑煮が好きになるはず!

 

いつもと違ったお雑煮も食べてみたくなるかもしれません♪

 

 

スポンサードリンク

お正月にお雑煮を食べる由来は?

 

お雑煮を食べ始めたのは、平安から室町時代だといわれています。

 

日本では昔から「歳神様」を大切にしてきました。

「歳神様」とは、ご先祖様の魂が山の神様となったもので、お正月になるとその子孫が住む家にしあわせをもたらすために山から帰ってくるといわれています。

 

お正月を控えた大晦日に「歳神様」にさまざまな野菜やお餅などの食べ物をお供えします。
お正月を迎えるとそのお供え物をおろして、新年の最初に汲んだ水と最初に焚いた火で煮込んで元旦に食べていました。

それが「お雑煮」です。

 

「お雑煮」という言葉の語源は「煮雑(にまぜ)」と言って、いろんな具材を煮込んで作ったことからきています。

 

お供えしたものには歳神様の力が宿っていて、それをみんなで食べることが無病息災につながるといわれ、お正月のような特別な日にだけ食べられていたのです。

 

もともとは貴族や武家などの上流階級だけの行事だったのが、一般の家庭でもお雑煮が普及したのは江戸時代です。その頃の日本ではまだ「お米」が大変貴重で、なかなかお餅をお雑煮に使うことはできなかったので、ほとんどの人がお餅の代わりに里芋を入れていたそうです。

 

いまではお餅ですら「高級」というイメージもなくなり、ただ「お正月に食べるもの」と思ってしまいがちですが、お餅って昔の人にしてみたらものすごく貴重な栄養源だったんです。

 

お餅が入ったうどんのことを「力(ちから)うどん」と呼びますが、それにもお餅を食べるとチカラが出るんだ!っていう昔の人の気持ちが表れてますよね。

あと、お腹に赤ちゃんができたらお餅を食べると丈夫な子が生まれる、なんて言われて妊娠中によく義母が持ってきてくれました。

「どんな昔話だよ・・・笑」と思われるかもしれませんが、それくらいお餅は栄養がある貴重な食べ物としてあつかわれていたということです。

 

 

歳神様の力が宿った食材で作ったお雑煮を食べることで、歳神様からの恩恵を受けて、家族みんなが健康に1年を過ごせるということです。

あらためて、神様に感謝しながらお雑煮を食べましょう!

 

 

お正月のお雑煮は地域によってこんなに違う!

 

地方によって、お雑煮の具や味付けが違うことは有名ですよね。

 

ざっくり分けると・・・

東日本では、四角いお餅でしょうゆ味。
西日本では、丸いお餅で味噌味。

 

お餅の形は、江戸を中心とした東日本では、手間もかからず一度にたくさん作れる四角いお餅が普及し、縁起をかつぐのを好む関西の人々には「円満」を意味する丸いお餅がよく使われるようになりました。

 

「西日本では味噌味」といいましたが、味噌味なのは関西地方だけで、岡山県より西ではまた「すまし汁」になっています。

 

具は一般的に、白菜、人参、ネギ、大根など季節の野菜と、鶏肉やかまぼこを入れる地域が多いようです。現在では豪華に海老を入れたりする家庭もあります。

やはりその地方での名産物をいかしたお雑煮が多いですね。

海が近い地域では海の幸、山間部では山の幸が入っています。

 

 

ちなみに「沖縄にはお雑煮を食べる習慣はない」といわれていますが、実際食べる家庭もけっこうあるそうです。

スポンサードリンク

ただ、お正月には伝統的に、豚のもつを使った「中身汁」や白みそ仕立ての濃厚な「イナムルチ」という汁物を食べるそうです。どちらもお祝いの時に作るものですが、「お餅」が入ってないので「お雑煮」と呼ばれないのかな・・

 

 

北海道にも現在はお雑煮を食べますが、明治以降に本州から移住した人たちが持ち込んだもので、「文化」ではないようです。

 

 

というわけで、北は青森から、南は九州の鹿児島まで、気候や特産物もさまざま。それを生かして作られたお雑煮もまたさまざまで、とっても興味深いですね。

 

いつか私もいろんな地方のお雑煮を作ってみよう♪

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

お雑煮とは、一度神様にお供えした野菜やお持ちを食べることで、神様の恩恵を受けて、家族みんなが健康にすごせるように願いを込めて食べるものだったんです。

地方によってさまざまな食材を使いますが、どれもその土地の特産物であり、生活を支えてきた大切な食材を使って、工夫して食べていることがわかりました。

 

今年のお正月も、神様に感謝の気持ちを込めてお雑煮を食べましょう♪

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

 - 行事, 食べ物 ,