お歳暮にお返しは必要?返す時期や選ぶ品物と金額は?

   

スポンサードリンク

 

お歳暮の時期になりましたね。

 

「毎年贈る相手や頂く相手が決まっているので、悩むことはないわー」って方も多いかもしれませんが、初めてのお歳暮を頂いた場合、どうすればいいんでしょう?

 

 

私の場合、何も考えずに同じくらいの値段のものをすぐ贈り返してしまっていたんですが、ちょっとそれじゃマナー違反かもしれないんです!

 

きちんと失礼のないようにマナーを知っておくことが大切です。

 

今日はお歳暮のお返しが必要なのか、贈る場合はその時期、選ぶ品物や金額について調べてみました。

 

 

スポンサードリンク

お歳暮にお返しは必要?

 

お歳暮とは、普段お世話になった方々に「日頃の感謝の気持ちを込めて贈るもの」なので、お返しはしなくていい、といわれています。

 

お歳暮はもともと「お世話になった目上の方」に贈るもので、その贈られた側はお返しはせず、その感謝の気持ちをありがたく受け取る、というものでしたので、お祝いの品をいただいたときのようにお返しをする必要はないのです。

 

頂いたら、お返しを贈るのではなく「お礼状」を出すのがマナーとしては一般的と言われています。

親しい間柄なら電話やメールでもいいですが、目上の人ならお礼状がベストです。

お礼状を出す場合には、お歳暮が届いた3日以内に出すようにしましょう。

 

 

でも、いただいたのに、「ハガキ一枚ってわけにはいかないな」とかって思っちゃいますよね。もちろん「どうしてもお返しを贈りたい」という場合もあります。

 

相手先の地方の習慣で、お返しをするのがマナーだという場合もあるかもしれません。

 

 

そんな時には、お歳暮を贈る時期に間に合うなら、こちらからも「お歳暮」としてお返しを贈りましょう。

 

お歳暮を贈る時期が過ぎてしまった場合は、「お年賀」という形になります。

 

ここで注意ですが、「お歳暮、お中元は本来、毎年継続して贈るもの」と考えられているので、一度限りで贈ることは失礼にあたってしまいます

 

一度贈るだけの場合は「お歳暮」「お年賀」として贈らずに、のし紙の表書きを「御礼」や「感謝」にして贈るようにしましょう。

 

受け取った側の場合も同じで、今年はお歳暮を受け取ったけれども、次からは辞退したい場合には、「御礼」「感謝」としてお返しを贈ります。

 

どちらの場合も「今後お気遣いなさいませんよう」と一言添えておきます。

 

それでも相手がまた送ってくるようなら、それが相手方の「お返ししないと気がすまない」という性格でしょうから諦めましょうね^_^;

 

お歳暮のお返しをする時期は?

 

お歳暮をいただいたお返しをする場合、品物を受け取ってから少し日を空けたほうがいいでしょう。

 

前述したように、今後もお歳暮をやりとりしようと思っている相手なら、「お歳暮」「お年賀」として贈ります。

 

お歳暮・・・12月中旬~下旬

 

御年賀・・・年明けから松の内(1月7日、関西は15日)まで

 

寒中御見舞・・・小寒から大寒または立春まで(※目上の人には「寒中御伺」がより丁寧)

※小寒(2018年は1月5日)、大寒(2018年は1月20日)

 

 

「御礼」「感謝」の場合、時期は特に気にしなくてかまいません。ただ、頂いてからあまり日が経ってしまうのもよくありません。
例えば「地元の旬のフルーツを送りたいからあと1ヶ月経ってから」なんて場合もあると思います。そんなときはハガキでその旨を伝え、その時期になったら贈る方法もアリです。

スポンサードリンク

 

 

お歳暮のお返しに選ぶ品物と金額の相場は?

 

「お返し」と特に難しく考える必要はなく、お歳暮と同じように選んでいいでしょう。

 

金額は、「頂いたものと同じくらいのもの」を選ぶことがポイントです。

 

なぜなら、頂いたものより明らかに高いとわかる品物をお返しすると「次回からは結構です」と意味になってしまい、相手の気分を悪くする可能性もありますので、少し安いかな~、くらいなものを選ぶほうがいいでしょう。

 

選ぶのは基本的に食べ物、飲み物、消耗品などが無難ですが、相手の嗜好を考え、喜んでもらえるものを選ぶのが大切です。

 

 

まとめ

 

贈り物は頂いたらすぐにお返しをするものだと誤解していた私。

お歳暮には基本的にお返しが必要ないとは知りませんでした!^_^;

 

 

お歳暮にはきちんとした意味があって、お返しを贈るにも断るにもマナーが大切です。

しかし、常識や礼儀は個人個人とらえかたに幅があるので、決まりきったマナーを守っていればそれでいい、というわけではありません。

 

たとえマナーから少し外れてしまっても、相手が自分のことを思ってくれているのが伝わればそれってすごく嬉しいですよね。

相手のことをよく知り、心を込めて対応するのが一番だと思います。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

 - 行事