こんな野菜も生のまま冷凍!長期保存でしっかり節約!

      2017/05/31

スポンサードリンク

 

スーパーで安売りしているとつい買いすぎてしまう野菜類。

でも食べ切れず、だめにしちゃった経験ありませんか?

せっかくの安売りも、ムダになってしまいますね(>_<)

 

そんな時、冷凍で保存しておけば、きちんと節約につながります。

 

でも野菜の冷凍保存と言えば下処理で茹でることが一般的で

ちょっと手間が面倒ですよね?!

 

でも今回は意外に知られていない

「生のまま冷凍保存できる野菜」を紹介します!

 

 

スポンサードリンク

きのこ類

 

きのこ類はほとんど冷凍保存が可能です。

 

・しいたけ

・しめじ

・えのき

・エリンギ

・舞茸

・マッシュルーム

 

<<冷凍方法>>

石づきを取り、使いやすい大きさに切って、重ならないようにして

フリーザーバッグの中の空気をできるだけ抜いて密閉して冷凍します。

 

<<調理法>>

解凍せずに、凍ったままの状態で加熱するのがポイントです!

炒めたり、スープに入れたりすれば、すぐ火が通ります。

 

<<食感・味>>

いくらかやわらかい感じはしますが、香りや風味もあまり落ちません。

 

<<保存期限>>

1ヶ月程度を目安に使い切るようにしましょう。

 

 

いも類

 

・じゃがいも

・さつまいも

 

驚かれる方も多いんじゃないでしょうか?

 

私も最近までじゃがいもを生のまま冷凍保存したことはなかったです。

 

スーパーの冷凍コーナーにはフレンチポテト、コロッケなど並んでいるし

茹でて、つぶして、マッシュポテトの状態なら冷凍で活用する人もはたくさんいると思います。

 

でも!なんとそれだけでなく

生のままでも冷凍できるんです!!

 

この方法を知ってから、

じゃがいもから芽を出させてしまうことがなくなりました^_^;

 

 

<<冷凍方法>>

水気をしっかりと拭き取り、使いやすい大きさに切ります。

大きすぎるとポソポソした食感を感じやすいので

細切りにするのがポイントです。

調理1回分ずつにわけて重ならないように保存バッグに入れ

できるだけ空気を抜いて密閉して冷凍します。

 

<<調理法>>

解凍せずに、凍ったままの状態で加熱しましょう。

さっと炒めるとシャキシャキした食感も残ります。

スープにもそのまま入れれば数分で火も通ります。

 

<<食感・味>>

大きめに切ると、少しザラザラした感じが残りますが、

細切りならほとんど気にならない程度です。

 

<<保存期限>>

1ヶ月程度を目安に使い切るようにしましょう。

 

 

葉物

 

・白菜

 

葉物も茹でてから冷凍、が常識だと思っていたのですが、

生のまま冷凍でもじゅうぶん使えます。

 

特に冬場は鍋が多くなるので、冷凍白菜は大活躍ですね!

 

安さにつられて、一株かってきちゃったりすると

毎日鍋になっちゃうんですが、冷凍保存を知ってから

白菜をだめにしちゃうこともなくなったし

煮込む時間も大幅に減って大助かり!(^^♪

 

<<冷凍方法>>

水気をしっかりと拭き取り、使いやすい大きさに切り

調理1回分ずつにわけて重ならないように保存バッグに入れ

スポンサードリンク

できるだけ空気を抜いて密閉して冷凍します。

短冊切りやざく切りがおすすめです。

 

<<調理法>>

鍋、煮込み、スープなどに適しています。

凍ったまま加熱すれば、あっという間に火が通ります。

時短にもなり、とても便利です♪

 

炒め物には使えないことはありませんが、

水分が多いのであまりおすすめしません。

もし炒めるなら茎から加熱し、葉を最後に入れるようにしましょう。

 

<<食感・味>>

味はほとんど変わりませんが、

水分が多いので、食感はしなしなした感じになります。

茎の部分の歯ごたえが少し残り、葉はとろとろになります。

 

<<保存期限>>

1ヶ月程度を目安に使い切るようにしましょう。

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

こんな野菜が下処理する必要もなく冷凍保存できるなら

長期保存も気軽にできますよね。

 

ムダにすることなく使えれば、安いときにたくさん買っておいても安心です!

冷凍保存をどんどん活用してしっかり節約しちゃいましょう!!

 

 

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

 - 節約, 食べ物 ,