アイスクリーム?アイスミルク?ラクトアイス?違いは何?

   

スポンサードリンク

 

こんにちは~ 菊乃です。

 

冬、暖かい部屋でこたつにあたりながら食べるアイスは格別ですよね。

最近では季節なんて関係なく1年中食べられてます!

 

ところで、パッケージに「アイスクリーム」「アイスミルク」「ラクトアイス」「氷菓」って表示されてるの、知ってますか?

普段はどれも「アイス」って呼んでるけど・・・

 

今回はこの4種類の違いがなんなのか調べてみました!

 

スポンサードリンク

アイスはクリーム・ミルク・ラクト・氷菓の4種類に分けられる

 

何気なくスーパーで買っているアイス。

夏でも冬でも、娘(小)が毎日アイスを食べるので、箱に6個くらい入っているのをよく買ってきます。

 

そこで気になるのがもちろん中身の量。笑

値段と量の兼ね合いで、なるべくお得なのを選んじゃうんだけど、娘(小)によると「このバニラはあんまりおいしくない」とか結構うるさいわけです。

 

そりゃもちろん、ハーゲンダッツとか高級のはおいしいわけですが、もちろん高い(^_^;)

たくさん売ってるものを見ていると、量が多くても安いものが・・・!!

 

これってどう考えても中に入ってるものが違うってことですよね(笑)

 

箱の表示を見てみると、少なくても高いのはだいたい「アイスクリーム」
めっちゃ量が多いのにそんなに高くないのは「ラクトアイス」
そのちょうど中間が「アイスミルク」となっています。

なんとなく法則が見えてきましたね~。

もうひとつ「氷菓」というのがあるけど、これは想像しやすい。カキ氷みたいなイメージですね。

 

 

この表示してある4種類は「乳固形分」と「乳脂肪分」の割合で分けられているんです。

アイスクリーム

乳固形分15%以上 乳脂肪分8%以上

アイスミルク

乳固形分10%以上 乳脂肪分3%以上

ラクトアイス

乳固形分 3%以上

氷菓

乳固形分 3%未満

 

こうして並べて見比べてみると、成分の差がハッキリわかりますね!

 

以上の条件を満たしていないと、「アイスクリーム」などと表示できないと食品衛生法で決まっています。

 

乳固形分というのは、乳製品の中の水分以外の成分のこと。乳脂肪分は、乳固形分に含まれている脂肪分のことを指します。乳脂肪分を集めてぎゅ~っと固めたものがバターです。

 

アイスクリーム・アイスミルク・ラクトアイス!味の違いは?

アイスクリーム

だいたい「美味しい」と言われるものはアイスクリームに属しています。そして値段も高い(笑)

乳固形分、乳脂肪分が多入っているので、ミルク本来の味や風味がしっかりして濃厚ってことですね!

 

ハーゲンダッツ、レディボーデン、パルム、MOWなんかが代表的。

他に有名どころだと、あいすまんじゅう、pino、ビスケットサンド、などなど。

 

どれもミルク感ばっちりでおいしいですよね!

 

 

アイスミルク

成分的には真ん中に属しているアイスミルク

アイスクリームほどではないけど、アイスとしてじゅうぶん楽しめる味わいがします。

 

白くまパフェバニラ、雪見だいふく、チョコモナカジャンボ、北海道バニラバーなどなど。

ウチでいつも買ってるやつだ~(^O^)笑

 

あ、ホームランバーの箱入りのもアイスミルクでした!!なんかちょっと嬉しい♪

スポンサードリンク

 

 

ラクトアイス

含まれる乳脂肪分が少ないので、それを補うために植物性脂肪を使っています。そのため、ミルク独特のぽってりした重さもなく、さっぱりした味が特徴なのがラクトアイスです。

 

でもちょっと注意したいのがカロリー。乳脂肪分が少ないからカロリーがアイスクリームとかより低いんじゃないのかってイメージしがちだけど、風味を出すために植物性とはいえ脂分を使っているので、逆にカロリーが高いものも少なくないんです。

カロリーが気になる人はちゃんとチェックすることをおすすめします!

 

エッセルスーパーカップ、ヨーロピアンシュガーコーン、うまか棒、パナップ、パピコなどなど。

これもいつものだ(^_^;)

でも子供と毎日食べるならこれでもじゅうぶん!!

 

 

「アイスクリーム」群のは明らかに格上って感じがするけど、アイスミルクとラクトアイスではほとんど差はわからないなあ。

 

 

氷菓

最後に乳成分はほとんど入ってない氷菓。夏はこれでしょ(^_^)

すっきりさっぱりのシャーベットやアイスキャンディを指します。

 

ガリガリ君、アイスの実、アイスボックス、などなど。あずきバーもそうですね!

あずきバーは固いので歯には気をつけましょう(笑)

 

 

まとめ

いかがでしたか?

いつも何気なく食べているアイスは、成分によって種別されているんですね!

よく見るとちゃんと表示がしてあるので、確認して食べ比べてみるのも楽しいかもしれません!

でもくれぐれも食べすぎには注意しましょうね!(゚∇゚*)

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

 - 食べ物