七草粥を食べる由来とは?7種の野菜にはこんな意味と効能がある!

   

スポンサードリンク

 

お正月ムードも終わりの1月7日。

 

七草粥を食べる日です。

 

私が小さい頃、1月7日には、母がおかゆを作ってくれたものです。(おそらく7種類の草は入ってないフツーのお粥だったような気がします^_^;)

「どうして1月7日にはお粥を食べるの?」と聞いた私に母は、「お正月に贅沢なものばっかり食べたからだよ」と、実に中途半端。でも子供のころの私はその返答に妙に納得したものでした・・・

 

そこで今回は七草粥を1月7日に食べるようになった由来、7種類の野菜に込められた意味、そしてその効能について調べてみました!

 

 

スポンサードリンク

七草粥を食べる由来とは?

 

中国では唐の時代、「人日の節句(じんじつのせっく)」に行う、「七種菜羹(ななしゅさいのかん)」という風習がありました。

「人日の節句」とは、7日を「人の日」として人を大切に扱うという中国の行事で、その日に7種類の野菜が入った汁物を食べて、無病息災や邪気祓いを祈願していました。

 

一方、昔の日本では7種類の穀物をお粥にして食べていたそうです。

 

また、新春に雪の間から出た芽を摘んで食べる「若菜摘み」という行事もありました。
厳しい寒さの中で一番初めに芽吹く若菜には、その生命力の強さから、長寿健康、五穀豊穣、などの願いが込められていました。

 

平安時代になると、中国の文化や行事が日本にたくさん伝わって、これらの行事が混ざって、鎌倉時代には七草をお粥に入れて食べるようになったのです。

現在の「七草粥」の行事が一般に広まったのは江戸時代と言われています。

 

七草粥を食べるのは、中国から伝わった「七種菜羹」による無病息災、邪気祓いを願う気持ちと、日本の「若菜摘み」による長寿健康、五穀豊穣を願う気持ちが合わさってできた行事なんですね。

 

冬に十分取れなかった野菜を摂るという意味もあり、ご馳走を食べて過ごしたお正月のあとの胃腸の調子を整える役目も果たしています。

 

七草の意味と効能

 

「七草」全部覚えていますか?

 

「せり・なずな / ごきょう・はこべら / ほとけのざ /すずな・すずしろ / これぞななくさ」

こんな五・七・五・七・七で教わった人も多いのではないでしょうか?

七草のひとつひとつには意味、効能があります。

 

【セリ】

意味:「競り」勝つ

効能:整腸、食欲増進、解熱、血圧降下

 

【ナズナ】薺(別名ぺんぺん草)

意味:「なでて汚れを取る」

効能:利尿、解毒、止血、むくみ改善

 

【オギョウ(ゴギョウ)】御形(別名ハハコグサ)

意味:人形(ひとがた)を意味して「仏体」を表すと言われる。

効能:咳や痰、のどの痛み鎮める

 

【ハコベラ】

意味:茎に群がる葉の様子から、「繁栄がはびこる」。 「ベラ」は「群がる」を意味する

効能:腹痛、歯槽膿漏、虫歯

 

【ホトケノザ】(和名タビラコ)

意味:仏の安座

スポンサードリンク

効能:解熱、鎮痛

 

【スズナ】(かぶ)

意味:「神様を呼ぶ鈴」

効能:整腸、消化促進、便秘、胃もたれ

 

【スズシロ】(大根)

意味:「汚れのない清白」

効能:風邪の予防、消化促進

 

時代や場所によって必ずしも一定しなかったようですが、現在はこの7種に落ち着いているようです。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

七草のナズナが、子供の頃よく空き地に生えていたぺんぺん草だと知って子供の頃にすっごいびっくりしたのは私だけではないですよね?^_^;

 

他の野菜も体にいい効果が満載でしたね!

身近な植物を食べることで健康になるなんて、昔の人の知恵にあらためて感心しました。

 

年末から疲れてしまった胃腸にも優しく、いろんな縁起もかついでいる七草粥を食べて、今年も1年元気ですごしましょう!

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

 - 行事, 食べ物 ,