入浴剤の使い方間違ってない?こうすれば効果アップ!!

   

スポンサードリンク

 

お風呂にあったまるのってサイコーに気持ちいいですよね♪

 

特に冬のお風呂には入浴剤が欠かせない私。

 

 

でも!!!

 

なんと今まで使い方を間違ってました~(´Д`ι)

 

使い方によっては、効果が断然アップするんだそうな。

 

 

せっかく使うんだから最大限効果があってほしい!!

 

なので早速正しい使い方を調べてみましたーーっ!!

 

スポンサードリンク

入浴剤の使い方間違ってない?

溶かすタイミング!

肩こり、疲労回復、冷え性、肌荒れ・・・と入浴剤にはさまざまな効果が期待できます。

香りもいっぱいあって、LUSHなんかいくと、そりゃもう鼻が擦り切れるほどニオイを嗅ぎまくってしまう^_^;。

 

 

ちょうど上の娘が小さい頃に錠剤炭酸ガスが出るタイプの入浴剤が普及しはじめて、お風呂に入りながらあのシュワシュワを楽しんでました。

それまでは入浴剤といえばいわゆるバスクリンで、粉を溶かして、香りと色を楽しむだけだったものが、あのシュワシュワは私にはかなりの衝撃でした^_^;

 

つまり、私と娘にとって、「シュワシュワしているのを楽しむ」のがイベント。

お風呂に入って、2人であったまっている時に入浴剤を投入。

シュワ~っとした泡がお尻の下にもぐった時のくすぐったい感じや、手に乗せると音をたてながら動き回る楽しさ。

 

子供だけでなく私も一緒になって遊んだものです。

 

でも、そんな使い方が間違っていたなんてーーーヾ(>_<)!

 

正しくは

入浴剤をお風呂に入れて、完全に溶かしてから入浴する。

 

なんですって~~~∑(゚◇゚///)

 

 

シュワシュワを楽しみながら入るものじゃなかったのね・・・

 

あの炭酸ガスを吸うと風邪に効くような気もしてたのに(-_-;)

 

ちょっとショックだったわ。聞かなきゃよかった(笑)

いやいや、そんなこと言わずに、正しく使いましょ!

 

 

入浴剤の使い方!これで効果アップ!!

温度が大切!

お風呂の温度って人それぞれ好みがあるじゃないですか~

私は江戸っ子じいさんなみの熱いお風呂が大好き!

 

でもなんと、これもNG(´;ω;`)・・・

 

入浴剤は少しぬるめのお風呂に入れたほうが効果的 なんだって。

 

目安にする温度は36℃~40℃

多分私が入っているのは42~43℃。

 

お風呂の温度が高すぎると、せっかくの入浴剤の成分が壊れちゃうらしい。

 

はぁ~・・・(◞‸◟ㆀ)

最近、熱めのお風呂は体によくないと聞くけど、入浴剤にもよくないのか~。

そろそろ改善しなきゃだめかなー・・・

 

 

シャワーで流さないで!

浴槽のお湯に使った後って、シャワーで流さないと気がすまない人っていますよね~

スポンサードリンク

 

でも入浴剤には温浴効果のほかに保湿効果もあるものが多くて、せっかくの効果を洗い流しちゃうことになっちゃうんです。

 

お肌すべすべ効果のある入浴剤のときは、洗い流さないようにしましょ♪

 

 

まとめ

 

入浴剤は、まず溶かしてから入る、というのが正しい使い方だとわかりました。

熱すぎるお湯に入れると入浴剤の成分が壊れてしまうということもわかりました(>_<)

 

せっかくの入浴剤なので、効果を最大限ひきだせるように使いたいですね。

私の入り方は完全に間違っていたようなので、さっそく改善せねば!!

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

 - 美容 ,