恵方巻きの具材は決まっている?基本7種類とその意味とは?

   

スポンサードリンク

 

節分には豆まき♪そして恵方巻き

 

関東地方でもすっかりおなじみになってきた行事ですね。

 

さてその恵方巻き、縁起をかつぐために食べるのですが、中に入れる具材ってどうやって決めていますか?

基本は7種類なんて言われていますが、どうしてなんでしょう?

 

今日は、恵方巻きの具材は決まっているのか、基本と言われる7種類にはどんな意味があるのかをご紹介します~!

 

スポンサードリンク

恵方巻きの具材って決まっているの?

 

「恵方巻きの具材には7種類がいい」って母が言っていたんですけど、どんな根拠があるんでしょう??

 

私は毎年「とりあえず太巻きにすればいいでしょ♪」なんて感じで何でも入れてしまうんですが・・・^_^;

 

7種類の具材、というのは七福神からきているようです!

 

七福神には

「7つの災難を払い、7つの幸福を運んでくる」といわれています。

そのチカラにあやかって具材も7種類が縁起がいい!ってわけですね。

 

しかし実際、これは決まりごとではなくて、お店で売っているのを見てもその具材の数も種類もバラバラ。

とにかく縁起をかつぐのが大好きな日本人ですから、具材の種類としてちょうどいい7という数が七福神の7につながったので、そう言われるようになったのでしょう(^_^;)

「ラッキー7」なんて言葉もあるし♪笑

 

正しいとか正しくないとかということもないので、好きな具材を入れておいしく食べるのが一番ですね♪

 

恵方巻きの具材!基本の7種類!

とはいえ、世間で言われている「基本の7種類」も気になります。

 

「基本」というか「定番」って感じでしょうか^_^

 

①うなぎ(または穴子)

②きゅうり

③たまご焼き

④かんぴょう

⑤しいたけ煮

⑥桜でんぶ

って6種類まではほぼこれで決まりですが、最後の7つめは決まってないだけあっていろんな具材が登場します^_^;

⑦レタス、かいわれ、えび、高野豆腐、たくあん、などなど。

 

七福神にちなんで7種と言ってみたけど、太巻きの定番は6種類。もう1つの7種類目は何でもいいってことですね(笑)

 

お店で売っているものを見ると、「定番」のほか、「海鮮」「サラダ」もよくあります。

「海鮮」では、定番のうなぎの代わりにサーモンやまぐろ、えびを入れて、桜でんぶのピンクの代わりにとびっこやカニカマ、というパターンが多いですね。

 

恵方巻きの具材の意味は?

 

恵方巻きの中身の具材に決まりはないことから、特に意味はないようです。

 

でもおせち料理に使われるものにも色々いわれがあるので、「意味がないなんて納得いかない!!」という人のために調べてみて出てきた結果をここで紹介します(^_^;)。

むりやりなこじつけだと感じるものもありますが(笑)。

 

 

①うなぎ(または穴子)
「うなぎのぼり」という言葉にも使われていて、出世や昇進を願うには最高の具材。

節分は季節の変わり目で体調もくずしやすいこともあり、栄養満点のうなぎを食べるといいって意味もありますね。

うなぎが苦手だったり、うなぎじゃちょっと予算が(^_^;)って人は穴子でも全然OK!

 

②きゅうり
きゅうりといえばカッパ。
カッパを祀る水天宮は「水と子供を護る」といわれているので、漁業や安産の安全を祈願するという意味があります。

 

③たまご焼き
たまご焼きのきれいな黄色は「黄金」を想像させてくれて、金運上昇を願うのにピッタリですね。

スポンサードリンク

 

④かんぴょう
夕顔の実を細く削って作られているかんぴょう。
長いので「長生き」、結んで使うことから「縁結び」につながります。

 

⑤しいたけ煮
しいたけの形が戦場の兵士の陣笠に似ているので、いろんな災厄から守ってもらえるという意味があります。

 

⑥桜でんぶ
鯛の身をほぐして、めでたい紅白の色がついている桜でんぶ。「おめで鯛」と「紅白」でめでたしめでたし(^_^)♪

 

他にえびは、長いひげと曲がった腰から「長寿」などがあります。

 

日本人は縁起をかつぐことが大好きですから、こんな具材を願掛けしながら食べたほうが運気UPにはいいかもしれませんね!

 

私は毎年、スーパーで安売りしている具材を買ってきて作りますが、しっかり願はかけていますよ(*^^)v

 

まとめ

 

恵方巻きの具材には「基本」は一応あるけど、決まりはないということがわかりました。

家族みんなで揃って食べるものなので、ぜひ家族の好きな具材で作りましょう!

 

私の娘はから揚げが大好きなので、毎年「からあげ巻き」です^_^;

 

それでもこういう行事を楽しく家族でできるって素敵なことです!

今年も楽しい節分を過ごしましょう!

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

 - 行事 ,