恵方巻き2018年はいつ?方角や正しい食べ方とは?

   

スポンサードリンク

 

2月といえば節分。

節分といえば恵方巻きですよね。

 

 

関東地方ではこの恵方巻き、昔からの風習ではなかったんですが、今ではもう毎年恒例の行事になってますよね。

 

我が家でもへたくそながら私が毎年作ってます^^;

 

 

今回は、2018年(平成30年)の恵方巻きを食べる日はいつなのか、方角、正しい食べ方についてご紹介します。

 

スポンサードリンク

恵方巻き2018年はいつ?

 

恵方巻きは節分の日に食べると縁起が良いと言われています。

2018年(平成30年)の節分は「2月3日(土)」!!

 

 

日本では昔、立春が一年の始まりとされていて、その前日である節分の日に豆まきをして鬼(悪いもの)を払って、福を呼ぶという願いを込めます。

 

恵方巻きという縁起物を一年の始まりに食べることで、その年にたくさんの福が舞い込んでくることを祈願するのです。

 

恵方巻き2018年の方角は?

 

2018年(平成30年)の恵方は「南南東」!!

 

正確に言うと「南南東微南」で、南南東よりちょびっと右ということですね。

これは「南と南南東の間で、ちょっとだけ右に近づいた方」ですが、「ほぼ南だけどちょっとだけ東」のほうがわかりやすいかもしれません(笑)。

 

なかなか細かいですね・・・^_^;

 

恵方巻きの正しい食べ方

 

恵方巻きは、恵方を向いて黙ってまるっと1本食べろ、と言われています。

そう、この3つをすれば正解なのです!

 

 

①恵方を向く!

この「恵方」とは歳徳神という神様がいる方角です。

歳徳神さまはその年の幸運や金運などを司る神様で、毎年いる場所を変えるそうです。

これが恵方巻きを食べる方角が毎年変わる理由なんですね。

 

 

②黙って食べる!

願い事をしっかり頭に思い浮かべながら食べることから、黙ってと言われるんでしょう。

何か喋りながら神様にお祈りするのは失礼ですから、やっぱり黙って食べましょう^_^

 

 

③まるごと1本食べる!

「切る」というのは「縁を切る」につながって縁起が良くないことです。

なので、そのまま丸ごと食べることに大切な意味があるんです!

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

毎年方角が変わる恵方。しっかり確認できましたか?

 

2月3日の節分には、正しい食べ方で恵方巻きを食べ、福を呼び込みましょう!

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

 - 行事