早起きできる本当のコツは?私が納得した改善方法はコレ!

   

スポンサードリンク

 

「早起きのコツ」

 

早起き出来る人になりたくて、30年近くこのテーマを追求している私。

結局、根性論で直すしかないの?!

 

何がなんだかわからず、50歳ももう間近・・・(-_-;)

若い頃は「歳とったら自然に朝目が覚めるから!」って言われたけど、これ以上待てない!もう十分歳とってるし!!^_^;

 

早起きするためのコツはなぜ実践できないのでしょう?

やっぱりその方法を自分で納得できていないから?

 

そこで今回は、たくさんある早起きのコツのなかで、私が納得した改善方法をご紹介します♪

 

スポンサードリンク

早起きのコツって?よくある方法

世界の成功者、大金持ちはみんな早起き!とか、早起きすると人生が変わる!!なんてよく聞きますよね!

逆に早起きできない人は「意志が弱い」「根性ナシ」なんてイメージ、持たれてます。

 

私も50歳を目前にして、いよいよ「終わり」を意識するようになってから、真剣に早起きの実践に取り組んでいます^_^;

 

やっぱり朝遅く起きるのって時間のムダ!つまり人生のムダ!って思っちゃいますよね。

 

 

これを読んでくれているってことは、あなたも早起きが苦手なんですよね^_^;
早起きが出来るようになるためのコツなんて、もう何百回も調べまくったでしょ?

これだけ早起きのコツが蔓延しているにもかかわらず、どうして自分には実践できないのか不思議じゃないですか?

 

 

まず、その王道といわれているコツを見ていきましょうか。。。

・熱いシャワーを浴びる

・水を一杯飲む

・朝日を浴びる

・朝ごはんを食べる

・軽い運動をする

 

いやいやそうじゃなくてさー・・・

早起きできない人はうすうすわかっているとは思いますが・・・

そもそも「それ、起きた後にすることじゃん・・」ってヤツで、ツッコミ入れたくなります(。_。;)

布団から起き上がることさえできればそれで成功なんだけどなぁ。

 

 

次は

・夕方に適度な運動をする

・寝る前に熱いお風呂に入らない

・寝具をみなおす

・お酒の量を控える

・寝る前にスマホやパソコンの光を見ないようにする

 

早起きできない人には数種類のタイプに分けられていると思うんです。

 

これは「なかなか寝付けないタイプ」向けで、睡眠の質を見直して、熟睡すれば朝スッキリ起きられる、という提案ですね。

 

私は熟睡できてると思うんですよ~。寝つきも悪くない。

確かにお布団の中でスマホをいじったり、本を読んだりしますけど、毎晩5分もすれば撃沈です。。。

でも早起きは出来ないんです^_^;

 

というわけで、これらもイマイチ納得できず。

 

早起きのコツ!納得の改善方法

 

私が納得したのはこちら↓↓↓

 

①早く寝る

あたりまえじゃん!!ってことなんですけど、これが基本なんです。
まだあまり眠くないけど布団に入るのがコツ!

 

②東側のカーテンは閉めない

明るくなったらまぶしくて目が覚めます(^O^)
冬は寒いとか、外から見えるかもしれないって不安がある人にはオススメできません(;_:)

 

③目覚ましを少し遠くに置く

スポンサードリンク

布団から出ないとアラームが止められない・・・(゚ロ゚!!!笑
もう強制です、はい。

 

 

ってこれだけ。

 

この3つに関しては私にはとても合っていて、数少ない納得の改善方法なんです。

 

でも、よくよく考えてみると、これって「早起きの方法」じゃなくて「時間通りに起きる方法」ですよね?笑

 

「早起き」については次回さらに深く考えてみたいと思います!

 

まとめ

巷に流れるたくさんの「早起きのコツ」。

言ってることはわかるけどイマイチ納得できないものなんて実践できないですよね。^_^;

自分にちゃんと合っているものを見つけて、実践するようにしましょう!

 

早起きするとホントに人生が変わるらしいですよ!

私はまだできてないですが(-_-;)汗

スポンサードリンク
スポンサードリンク

 - 生活 ,