節分の豆まきの掛け声は地方で違う?鬼は内や福は外の意味は?

   

スポンサードリンク

 

2月3日は節分ですね!

豆まきを家族でする人も多いと思います。

 

豆まきの「鬼は外!福は内!」という掛け声。

今まで当たり前のように言っていたんですが、地方によってはこれが「鬼は内!」とか「福は外!」なんてまるで逆のことを言うところもあるそうですよ!

 

 

どうしてそんなことになっているのでしょう???

 

今回は、節分の豆まきの掛け声について調べてみました!

 

 

スポンサードリンク

節分の豆まきの掛け声は地方で違う!?

 

私がまだ小さい子供だった頃、節分の豆まきのときなぜか「鬼は内!福は外!」と間違えて言ってしまって、母親に怒られたことがあります。

 

小さかったのでどうしてそんな間違いをしたのかは覚えていませんが、母親に言われて、最初からやり直しさせられた記憶だけは残っています(^_^;)。

 

 

一般的に「鬼は外!福は内!」と言われていますが、日本各地には本当に色々な掛け声があります。

 

調べてみると、「地方」「寺社の信仰」「名前」が由来となって掛け声が違ってくることがわかりました。

 

「鬼は外!」は言わないパターン

 

「新勝寺」千葉県成田山

一番有名な豆まきを行う成田山新勝寺。毎年有名人が来て、豆をまく姿をテレビのニュースで見ますよね。

あの新勝寺では、「福は内!」「福は内!」の連呼です。

「不動明王の前では鬼も改心して悪さはしない」と考えられているので、鬼のことには一切触れません。「鬼」という言葉すら出さない徹底ぶり^_^;

 

 

「大須観音」愛知県名古屋市

お寺の宝である「鬼面」は、伊勢神宮の神様からの授かり物。そのためここでも「福は内!」だけしか言いません。

また、「鬼」を神様として祀っているところもたくさんあって、そういうところでは「鬼は外!」なんて言っちゃいけないんです。

 

 

「真源寺」東京都台東区

「おそれ入谷の鬼子母神」(古い!笑)で有名な真源寺では、鬼は神様なので、「鬼は外!」のかわりに「悪魔 外!」って言ってます。

 

 

「鬼は内!福も内!」両方歓迎パターン

 

宮城県村田町

京都で渡辺綱に腕を斬りとられてしまった鬼は宮城県まで逃げます。渡辺綱はもちろん追いかけます。ついに探し当てられてしまった鬼はおばあちゃんに化けて、何とか渡辺綱から腕を取り戻して逃げるんですが、その時、大きな石に手をついたのです。その手跡が残っているのがこの村田町。

村田町では二度と鬼に逃げられないように家の中におびき寄せるため「鬼は内!」と言うのです。

 

 

群馬県藤岡市鬼石地区

この鬼石地区は昔、鬼にいたずらをされて困っていましたが、行脚中の弘法大師がその鬼を成敗し、改心させてくれたという言い伝えがあります。現在では鬼が大切な町の守り神として祀られていて、日本中から追われた鬼たちを歓迎する「鬼恋節分祭」が開催されています。

 

 

「稲荷鬼王神社」新宿区歌舞伎町

昔からこの神社の鬼は「春の神」と呼ばれていて、現在では「鬼王」という名を持つ日本で唯一の神社です。

 

 

「天河神社」奈良県天川村

ここに祀られている前鬼と後鬼の子孫が天川社社家と言われています。昔から鬼を「神」として崇め奉っている神社です。

 

 

「金峯山寺蔵王堂」奈良県吉野郡吉野町

日本中から追い払われた鬼を呼び、仏教を教えて改心させます。

 

 

「鬼は内!福は外!」完全真逆パターン

 

「大原神社」京都府福知山市三和町大原

豆をぶつけて本殿へ追い込み、改心させて福の神にしちゃおうという考え。

スポンサードリンク

江戸時代この地の藩主の名前が九鬼(くき)で、「鬼」が付いていることから「鬼は外」では「九鬼は出て行け」みたいでマズいと思って「鬼は内!福は外!」と言うようになった説もあります。

 

 

茨城県つくば市鬼ケ窪(おにがくぼ)地区

「鬼」が地名についているだけあって優しいんです。
そして掛け声はとても変わっています。

日本中で鬼が追いやられて、この鬼ケ窪に集まってしまい、そんな鬼たちがかわいそうで「鬼は外!」なんて追い払うことができずにできた掛け声が「あっちはあっち、こっちはこっち」「よそはよそ、うちはうち」と言って豆まきをします。。

 

 

まとめ

 

まだまだありますが、ざっと調べてもこんなにあって、正直驚きました!

 

日本の各地では信仰により豆まきの掛け声もずいぶん違うところが多くあります。

自分の名前に「鬼」がついている人も「鬼は外!」は言わないそうですよ。

 

鬼を大切にしたり、「改心させて仲間にしようという気持ち」から「鬼は内」というところもあり、「福は外」は「幸せが他の人に届きますように」ってなんともすばらしい気持ちが由来になっているようです。

 

なんだか私も真似しなきゃ申し訳ないような気がしてきました^_^;

 

日本人はみんな心を込めて伝統行事をしているんですね!

スポンサードリンク
スポンサードリンク

 - 行事 ,