鏡開きの意味って?何をするの?どんな由来があるの?

   

スポンサードリンク

 

毎年、12月30日になると私は母から呼ばれ、鏡餅を作るのを手伝います。

お餅をついて、すばやくまぁるい形にします。

お餅をつく、といっても自動の餅つき器ですが^_^;、我が家ではわりと昔からの風習を守っています。

 

 

最近では真空パックされた鏡餅を買って飾るという人のほうが多いと思いますが、鏡開きの風習は残っているでしょうか?

 

「鏡開き」という言葉は聞いたことがあっても、実際いつ何をするのか知らないという人も少なくないんではないでしょうか?

 

そんな人たちのために・・・

 

「鏡開きって何をするの?どんな意味があるの?」

「鏡開きにはどんな由来があるの?」

「鏡開きっていつするの?地域で違うの?」

 

こんな疑問を解決してみました!

 

スポンサードリンク

鏡開きには何をするの?どんな意味があるの?

 

一言でいうと、鏡餅を割って食べることです^_^

 

日本では昔から、神様を「年神様」と呼び、とても大切にしています。

「松の内」と呼ばれるお正月の間、年神様のために鏡餅をお供えしておいて、松の内が過ぎたらそれを下げて、食べます。

 

お供えものには、年神様からの恩恵やエネルギーが宿っていると考えられ、それを食べることで無病息災を願ったのです。

鏡開きとは、鏡餅を下ろすことと思っている人もいるかもしれませんが、「食べること」に意味があったんです!

 

昔、お餅は貴重なエネルギー源だったので、すっごいご馳走だったんでしょうね。ありがたく食べていたことでしょう。

 

 

○お餅を割る

実際、作って時間が経った鏡餅は、刃物でなんて切れません。木槌や金槌で叩いて割るんですが、かなり乾燥させないとムリ。

だからといって乾燥させてたら鏡開きの日に間に合わない(◎o◎)!

そんなお餅は半日くらいお水につけてから、ラップしてレンチンするとほぐしやすくなります♪

 

 

○もうひとつの「鏡開き」

お祝いなどの席で、酒樽のフタを木槌で「ガシャーン!」とするの、見たことありませんか?

あれも「鏡開き」っていいますよね?

同じ「鏡開き」と呼びますが、これは昔、酒樽のフタを「鏡」と呼んでいて、それを割るので「鏡割り」→でも「割る」は縁起が悪いから「鏡開き」という表現になりました。

 

昔、武士が戦に出る前に仲間みんなと酒樽を派手に割って士気を鼓舞したのが始まりだといわれていますが、正しい由来ははっきりわかっていません。

 

また、日本酒はとても神聖なものと考えられ、神様に祈願するときにお供えされて、祈願の儀式が終わるとそれを下げて飲むことによって祈願の成就を願うという風習もありました。

 

「お餅の鏡開き」も、「酒樽の鏡開き」も、どちらも未来の運を開くという意味が込められているんですね。

 

 

鏡開きの由来は?

 

鏡餅がお正月にお供えされるようになったのは室町時代と言われています。

「鏡開き」という行事は江戸時代の初期あたりに武家の間で広まっていったそうです。

男性は鎧や兜に、女性は鏡台に供えた鏡餅を、お正月が終わってから割って、お雑煮にして食べる風習がはじまりと言われています。

 

下ろした鏡餅は年神様からの大切な授かり物。刃物をむけることは失礼に当たります。

また、「切る」というのは、切腹につながり縁起が悪いので、刃物は使ってはいけないという理由もあります。

そのため、木槌などで叩いて割るため「鏡割り」とも言われています。

しかし「割る」という言葉は縁起が悪いので、開運や末広がりという意味をこめて「鏡開き」となったのです。

 

最近の鏡餅はパックに入っているからって、「パックを開く」って意味なのかと思っちゃだめですよ(笑)

スポンサードリンク

 

 

鏡開きはいつするもの?

 

鏡開きは毎年、「松の内」の後、1月11日に行います。

 

「松の内」というのは、お正月の松飾り(門松)を立てておく期間です。

この期間は、家に年神様がいると考えられていて、昔は元日から1月15日で、鏡開きは1月20日に行われていたのです。

 

しかし、1651年の4月20日に徳川家光がなくなったことにより、江戸周辺では命日である「20日」を避けて1月11日に変わったのです。

「え?11日じゃまだ松の内で、年神様いるから鏡餅下ろしちゃダメじゃん」って思いますよね?

そこで、松の内も1月7日に変わった、という歴史があります。

 

もともとが徳川家光の命日による変更だったせいもあって、江戸(関東)地方では広まったものの、関西では1月15日や1月20日にするところもあります。

 

 

まとめ

 

鏡開きにはどんな意味があって、どんなことをするのか、また地域によって日が違う理由をわかっていただけましたか?

 

神様を大切にする日本人の心ってやっぱりすばらしいですね!

 

今年の鏡開きにはぜひ、お餅を食べながら子供にもその意味や由来を伝えたいです。

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

 - 行事