鏡餅の意味や由来が知りたい!いつ、どこに飾るのが正しい?

   

スポンサードリンク

 

お正月を迎える準備って色々あって忙しいですよね。

 

我が家では毎年、鏡餅を母と一緒に手作りします。(お餅はさすがに餅つき器任せですが^^;)

半紙を敷いて、昆布やみかんで飾り付けます。

 

でも毎年やっていることなのに、鏡餅を飾るのにどんな意味や由来があるんでしょう?

また、いつ飾るのか、どこに飾るのが正しいのかなど詳しくは知りません。

 

 

今回はそんな鏡餅について調べてみました。

 

 

スポンサードリンク

鏡餅の意味や由来は?

 

日本では昔から、神様を「年神様」と呼び、とても大切にしています。

お正月の間、年神様のために鏡餅をお供えしておいて、お正月が過ぎたらそれを下げて、食べます。

お供えものには、年神様からの恩恵やエネルギーが宿っていると考えられ、それを食べることで無病息災を願ったのです。

 

 

○なぜ「鏡」なんでしょうか?

昔の「銅鏡」の形と丸いお餅が似ていたのでそう呼ばれるようになったと言われています。

鏡は、天照大神から授かった三種の神器【八咫鏡(やたのかがみ)、草薙剣(くさなぎのつるぎ)、八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)】の1つで、現在でもさまざまなところでご神体として祀られています。

ご神体としての鏡をお餅で作り、「鏡餅」と呼び、年神様の宿る場所としたということです。

 

 

○なぜ2段重ねなんでしょうか?

2つ重ねることは「福が重なる」に通じ、また陰と陽(月と太陽)を表しています。
丸い形は円満を願い、家族の円満から子孫繁栄などの願いが込められています。

 

 

鏡餅はいつ飾るの?

 

お正月飾りは「一夜飾り」では良くないと言われます。

ということは大晦日の31日は良くないということになります。

29日は「9」→「苦」で、縁起が悪いため良くありませんよね。「苦餅(苦持ち)」や「二重苦」などが連想されるので、避けましょう。

28日の「八」は末広がりで縁起がよく、一番良いとされています。

30日は「可」という考えなんでしょう。

 

我が家では、30日に飾っています。28日はまだ仕事があるのでお正月の準備はできない、という現代ならではの理由です^_^;

 

地域や宗派によって飾る日が違う場合もあるそうです。

 

 

鏡餅はどこに飾る?

 

神様の宿る場所になるので、一番大きなものを床の間に置くのがベストです。

そして神棚や仏壇に小さめのものをお供えしましょう。

 

でも今では床の間も神棚も仏壇もない家庭が多いですよね。そんな場合は、家族が集まるリビングに一番大きなものをおきましょう。

その他、神様に来ていただきたい部屋に小さめのものを飾るといいですね。

 

供える方角は、南向きか東向き、また、その年の恵方でも良いといわれています。

 

 

我が家では毎年、リビングに一番大きいのを1つ、子供部屋に中くらいのを1つ、台所とトイレに小っちゃいのを1つずつ置いています。毎年母が「水の神様と火の神様と・・・」ってつぶやきながらお供えしてますよ^_^

 

 

農家の人が納屋や井戸、農具に供えたりする場合もあるようです。

スポンサードリンク

普段から自分が大切にしている場所や物に、神様へのの気持ちを込めて飾るということなんでしょうね。

 

地方によっては、下座にあたる玄関やお風呂、トイレなどの不浄な場所には置かないようにしているところもあるそうですが、逆に清めるために置く、というところもあるそうです。

 

 

そう考えると、置く場所には正しいルールなんかなくて、「大切」と思う気持ちがあればどこでもいいんじゃないかと私は思います。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

鏡餅の意味や由来を知ると、昔から日本人がいかに神様を大切にしてきたかがわかりますね。

 

私も今度からきちんと子供に教えながら、鏡餅を飾ることにします!

 

日本人の素敵な風習を、いつまでも残していきましょう!

スポンサードリンク
スポンサードリンク

 - 行事 ,